PLUG IN TIMES Vol.6

ー PLUG IN TIMES は出展ブランドや見どころ、旬な話題をピックアップしています ー

リンク・トゥ・クリエーティブが再登場
プロダクト系クリエイターの提案に新鮮さ

  「Link to Creative」( リンク・トゥ・クリエーティブ、以下LTC) がプラグイン2019 年10 月展に1 年ぶりに復活する。
 LTC は「ファッション以外の異業種のクリエイターの提案がファッションビジネスの魅力、可能性に気付く機会につながる」との狙いで誕生した。初開催となった2018 年10 月展では木工、金属などのプロダクト系クリエイターや職人がファッションと新たに結びつくなかで、既存にない商品を披露した。
 こうした実績を踏まえて今回展ではコラボ商品の開発を進展させるほか、前回出展者と新規出展者とのコミュニケーションを深化させ、さらにチャネルの拡大と販売実績作りに挑む。
 エリアをプロデュースするデザイン事務所・マナブデザイン株式会社の高橋学代表は「プロダクト系のクリエイターや職人がファッション展に参加することは貴重な機会。その中で出展者との化学反応を起こしたい。エリアとして方向性を固めて独自にイベントを開催するまで発展させていきたい」と構想する。
 ■2018 年10 月展のLTC の概要■ 金属の切削加工や鋳造(ちゅうぞう)、磁器、シリコーン樹脂、LED照明、3Dプリンティング、レーザー加工、チタン加工など多種多様な20 社が出展。各社が単独ブースを設けたほか、出展者同士がプラグインのためにコラボ商品を制作し展示。生産現場や技術を見るVR(仮想現実) サービスも提供した。
 ■前回出展者の声■
 「出展者同士の異業種による協業が実現したのは、他では得られない貴重な体験だった」
 「ファッションの展示会への出展は初挑戦だったが、提案が商品化につながった」
 「新たな挑戦を展示することで、発信力が強まり新たな可能性が広がった」
 「会場で出会ったクリエイターと新たな商品開発に取り組み、商品化につながった」
 「木を薄くスライスして作った特殊素材でアパレル企業と新規に取引ができた」
 「展示会でのデザイン提案がきっかけとなって家具メーカーと新たな取り組みが始まった」
 「出展者同士で密なつながりができ、展示会後もビジネスの相談やプライベートの付き合いが広がり深まった」

LTCコーナーの風景

LTCコーナーの風景

VR(仮想現実)の体験も。写真右はマナブデザインの高橋学代表

VR(仮想現実)の体験も。写真右はマナブデザインの高橋学代表

<掲載企業情報>

マナブデザイン株式会社
http://mnbd.co.jp/